マンションの仲介と買取

マンションの売却はまず不動産業者に査定を依頼することから始めます。
我が家がどのくらいの価格で売却できるのか、不動産業者に訪問してもらって、立地や建物の状態、管理状況、間取りや日当たりなどの個性をしっかりとチェックしてもらいその物件の価値を査定してもらいます。
売却を依頼する不動産業者を決めたら媒介契約を結びます。
その契約方法にはたくさんの不動産業者と契約を結べ競合しながら販売営業をしてもらえる一般媒介契約と、一社とのみ契約して専属で買主を探してもらう専任媒介契約があります。
こうして媒介契約を結んだ物件は不動産流通機構に開示されて広く買主を探すことになります。
こうした契約の方法を仲介といい買主が見つかって売買契約を結ぶことができれば、不動産業者に手数料を支払うことになります。
また、転勤や様々な都合などで売却を急いでいる場合や、売り出しているのになかなか買主が見つからないといったケースもあります。
そうした場合は不動産業者に直接物件を買取してもらうこともできるのです。