不動産売買の仲介と買取の違い

不動産を売却したい場合には、不動産業者に売買の媒介を依頼するのが一般的です。
一般の生活者にとって価格の大きくなる売買の相手を見つけたり、契約の手続きを適正に行うのは容易ではありません。
そのため、プロの業者に任せるのが普通でしょう。
単に売却を依頼して、査定をしてもらったり、広告を出したり、買主を探しているだけでは費用は発生しません。
ですが、買主が見つかり無事に契約が成立すると、仲介手数料を支払う必要があります。
物件価格の3.15%+63,000円を上限とした範囲で、費用を負担しなければなりません。
これに対して、不動産業者に直接買取をしてもらう場合には相手は仲介業者ではなく、買主の立場に立ちます。
そのため、仲介手数料の支払いは必要ありません。
もっとも、買取にあたっては買主を探す時間を省ける分、査定価格より価格が割り引かれることがあるかもしれません。
売主にとっては個人買主に負う担保責任を負わずに済むメリットがあります。